世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人マテル・インターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤幹夫)と国立大学法人静岡大学(所在地:静岡県静岡市、学長:石井潔 以下静岡大学)は、マテル・インターナショナルがフィッシャープライスブランドより2016年9月に発売を開始した、3歳から始められるイモムシ型のプログラミング知育玩具「コード・A・ピラー」を教材として活用した、小学生向けプログラミング教育導入カリキュラムの提供を7月9日(月)より開始いたします。

「プログラミングロボ コード・A・ピラー」は、1930年に誕生したマテル社が保有する世界No.1のベビートイブランド「フィッシャープライス」から、昨年9月に発売された3歳から始められるイモムシ型のプログラミングおもちゃです。
「前進」「右折」「左折」「サウンド」などのさまざまな仕掛けがコーディングされたイモムシの頭部や胴部となるパーツをつなぎ合わせると、つなぎ合わせたパーツの順番(指示)通りにイモムシを動かすことができます。お子さまがパーツをどのようにつなげれば、イモムシがどんな動きをするのか、またイメージ通りに動かせるのか、自然と考えながら遊ぶことができ、遊びながら成功失敗を繰り返すことで、自然と論理的思考になり、プログラミングの基礎を身につけることが出来る新感覚のおもちゃです。
2017年6月には、一般社団法人日本玩具協会が主催する「日本おもちゃ大賞2017」の、「エデュケーショナル・トイ部門」において、優秀賞を受賞しました。

今回マテル・インターナショナルと共同研究を実施した静岡大学教育学部塩田研究室は、「情報教育やキャリア教育、環境教育や創造性教育などの現代的教育課題に関して、どのように教えていくか」というテーマのもと、様々な企業と共同研究を実施しています。

2017年11月から、2020年より予定されているプログラミング教育の必修化にともない、静岡大学教育学部学校教育講座准教授塩田真吾氏を中心とし、「コード・A・ピラー」を活用した指導やカリキュラムを含む教育パッケージの内容の開発を目的とした共同研究を開始いたしました。「コード・A・ピラー」を自分の意図したように動かすために試行錯誤を重ね、どのようにゴールまで辿り着けるか、ゴールまでどんなルートが考えられるかなどの論理的思考を育むカリキュラムの開発を目的とした研究を経て、このたび教材カリキュラムの提供を開始いたします。
今回の共同研究によって開発された教材導入カリキュラムは、プログラミング教育の盛り上がりの一方で、本格的なプログラミング授業を導入するにあたり、専門教員の不在や確たる教材が少なく不安の声がある中、PCを使用する必要がない上にリーズナブルな価格で購入でき、児童たちがグループワークで議論しながらプログラミングを学ぶことができる教育パッケージです。

【「プログラミングロボ コード・A・ピラー」商品概要】

「プログラミングロボ コード・A・ピラー」は、USBで簡単に取り付けのできる8つのパーツに動き、音、光をともなう「前進」「右折」「左折」「サウンド」といった様々な仕掛けがコーディングされており、それぞれのパーツをつなぎ合わせると、並べたパーツの順番(指示)通りにイモムシを動かすことができ、プログラミングが学べる知育玩具です。

商品名: プログラミングロボ コード・A・ピラー
メーカー希望小売価格: 税抜7,500円(税込8,100円)
発売日: 2016年9月16日発売
対象年齢: 3歳以上
サイズ(cm): W9.0×D58×H13.5
発売元/販売元: マテル・インターナショナル株式会社
URL: http://www.fisher-price.com/ja_JP/product/98301

【マテル・インターナショナル×静岡大学 共同研究 概要】
◆共同研究の目的:2020年プログラミング教育が小学校において必修化されるにあたり、担当教員の不足や教材が確立されていない、PC教材などは高額かつグループワークがしづらいなど、プログラミング教育に関する様々な問題がある中、PCレスで小学校低学年から使用でき、低価格での導入が可能で、かつ、1台あればグループワークが可能な「コード・A・ピラー」を教材として活用した教育カリキュラムを開発することが目的です。

◆教材カリキュラム提供開始日: 2018年7月9日(月)

◆教材カリキュラム提供URL:   http://mattel.co.jp/toys/fisher_price/

◆共同研究教育カリキュラム 一例
<小学校低学年向け「コード・A・ピラーで、プログラミングにチャレンジ!」コース>
◆授業のねらい
・コード・A・ピラーを、自らの手で触りながら、自分の意図したように動かす活動を通して、プログラミングへの興味、関心を持つことができる。
・カードを組み合わせてコード・A・ピラーの動きを考え、試行錯誤を繰り返す活動を通して、どうすればゴールにたどり着けるか、他にどんなルートが考えられるかといったことを論理的に考えることができる。

◆授業の流れ
①コード・A・ピラーの動かし方を知ろう(10分)
-授業テーマの発表
-全員の前でコード・A・ピラーの動かし方・各パーツの動き方などの説明
②指示通りに動かし、ゴールを目指そう(思考編)(10分)
-コース紹介
-グループに分け、1セット・カード教材配布
-グループごとにカードを組み合わせ、どうすればゴールにたどり着けるかの検討
③指示通りに動かし、ゴールを目指そう(試行編)(20分)
-グループごとにカードで考えた通りにコード・A・ピラーのパーツを組み合わせ、走らせる
④授業のまとめ(5分)
-授業の感想記入

●コース

●解答例

【教材カリキュラムご利用に伴うコード・A・ピラーのお貸出しについて】
本教材カリキュラムのご利用にあたり、コード・A・ピラーのお貸出しが可能です。コード・A・ピラーの貸出申し込みフォームよりご依頼ください。
商品お貸出し問い合わせ先
静岡大学 教育学部 塩田研究室
コード・A・ピラーの貸出申し込みフォーム:https://goo.gl/forms/ZyXXwIdPicTfn2My2
その他問い合わせ先:shizuoka.shiota.lab@gmail.com
※貸出開始は、7月末を予定しております。
(詳細はマテルHP内フィッシャープライスのページをご確認ください。)
マテルHP内フィッシャープライスページURL:http://mattel.co.jp/toys/fisher_price/
※コード・A・ピラーの無料貸出しは、各学校1台まで、期間は到着後2週間になります。
また、活用いただいた学校名をWEB上で紹介させていただくことがございます。 あらかじめご了承ください。

【静岡大学 教育学部 塩田研究室 塩田真吾氏 プロフィール】
静岡大学 教育学部 学校教育講座 准教授。1981年生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了、博士(学術)。2009年より現職。専門は、教育工学、情報教育、授業デザイン。「社会とつながる授業」をテーマに、様々な企業と連携しながら「授業デザイン」について工学的に研究している。主な著書に、『企業とつくる授業』(2004)、『楽しく学ぶメディアリテラシー授業』2008)などがある。

マテル社について
マテル(Mattel)グループは、玩具およびファミリー向け製品のデザイン、製造、マーケティングにおける世界的リーディング企業です。
マテル社のベストセラー・ブランドとして、史上最も有名なファッションドール・バービー(Barbie®)のほか、ホットウィール(Hot Wheels®)、きかんしゃトーマス(Thomas & Friends®)、フィッシャープライス(Fisher-Price®)、メガブロック(MEGA® BLOKS)に加え、様々なエンターテイメントから着想を得た玩具ラインがあります。マテル社は、2015年に『Ethisphere Magazine』の「World’s Most Ethical Companies(世界で最も倫理的な企業)」に選ばれ、2014年に『Corporate Responsibility Magazine』の「100 Best Corporate Citizens」で第5位に選ばれています。全世界の事業を統括する本社をカリフォルニア州エルセグンドに置くマテル・グループは、150以上の国で製品を販売しています。
公式サイト:http://www.mattel.co.jp/

お客様からのお問い合わせ先
マテル・インターナショナル株式会社
カスタマーサービスセンター TEL:03-5207-3620
<受付時間10時~16時月~金(祝除く)>

【プログラミング教育】【全学年】指導案・コース【PDF】
【プログラミング教育】パネル教材【PDF】
【プログラミング教育】プログラミングカード教材【PDF】