「感覚を育てよう!シリーズ」から新商品が登場!

 世界大手の玩具メーカー、米国マテル社の日本法人マテル・インターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤幹夫)は、今年90周年を迎えたフィッシャープライスから、五感や手指の発達をサポートする「感覚を育てよう!コロコロおとそうミツバチ」、「感覚を育てよう!ボタンでアクション ぴょっこりどうぶつ」を7月下旬より発売いたします。

「感覚を育てよう!コロコロおとそうミツバチ」はお子様の好奇心を刺激して、楽しく五感を発達させたり、手指の能力を上げたりできる商品です。上からコインを入れると左右どちらかに落ちて、ハチの巣の中をコロコロ転がります。特にコインが左側を通ると鈴がなる仕掛けで、手と目の連動、好奇心と発見する力や手指の器用さを育みます。
また自然のぬくもりを感じられる天然木を使用していたり、青いタグがついていたりと素材の違いを楽しめます。また遊び終わったら背面にコインをしまうことができるので、お片付けの習慣を身に着けさせることもでき、ママ・パパにも嬉しい商品です。

「感覚を育てよう!ボタンでアクション ぴょっこりどうぶつ」はきのこや葉っぱなどのボタンを押したり、回したりすることでどうぶつがぴょこっと現れる商品です。現れる時に鈴の音やねずみの鳴き声がして楽しく遊べます。手指の発達や因果関係の理解に役立ちます。

子どもの動きの発達順序がわかると、成長に合わせた子育てができます。例えば手や指の動きは「握る」から「つかむ」、そして小さなものを「つまむ」へと発達します。今回の商品は物をつかむ力が付き始める9ヵ月ごろからのお子様に最適な商品です。

フィッシャープライスは今後も「世界No.1*のベビー・プリスクールおもちゃブランド」の誇りを持ち、お子さまの発達をサポートし、ママやパパの育児を助けるおもちゃを届けてまいります。
*2018年ユーロモニター調べ

【商品概要】
■感覚を育てよう!コロコロおとそうミツバチ

●五感を刺激する仕掛けがいっぱい
タグや下のローラーで手指の運動を促したり、天然木の手触りで触覚を刺激したりとお子様の成長をサポートする仕掛けが満載です。またコインが左側を通るときだけ鈴が鳴ったり、ハチの巣をめくると絵が現れたりして好奇心を掻き立てます。

●片付けの習慣が身につく
ミツバチのコインは背面にしまうことができるので、片付けの習慣づくりにもなるママ・パパに嬉しい商品です。

メーカー希望小売価格:2,500円(税抜)
発売日       :2020年7月下旬
対象年齢      :9ヶ月から
サイズ(cm)     :W32.4×D11.1×H27.9
発売元/販売元     :マテル・インターナショナル株式会社
URL        :http://mattel.co.jp/fisher_price/product/gwb91.html

■感覚を育てよう!ボタンでアクション ぴょっこりどうぶつ 
ボタンを押したり、回したりすると隠れていた動物が鳴き声や鈴の音など愉快な音を鳴らしながらぴょっこり現れます。手指の発達や因果関係を理解するのに役立ちます。

メーカー希望小売価格:2,800円(税抜)
発売日       :2020年7月下旬
対象年齢      :9ヶ月から
サイズ(cm)     :W33×D14×H20.3
発売元/販売元     :マテル・インターナショナル株式会社
URL        :http://mattel.co.jp/fisher_price/product/gwb85.html