MATTEL

企業情報

米Fortune誌:就業するのに最も好ましい会社ベスト100

米Fortune誌において「就業するのに最も好ましい会社ベスト100」に
2008年から2012年まで毎年選ばれています

米Fortune誌と調査機関による10万人の被雇用者を対象としたリサーチの結果、米マテル・インク社は、“100 Best Companies to Work For”(就業するのに最も好ましい会社ベスト100)に、2008年から2012年まで毎年選ばれています。好不況に関わらず従業員を満足させ常にケアを行う、従業員にとって働き甲斐のある職場として上位100社を選定するものです。

マテルは米国玩具業界でのリーディング企業ですが、同ランキングには2008年に10年ぶりに返り咲き、それ以降は毎年ランク内を維持しています。Fortune誌によれば、毎週金曜日の午後半休制度や全従業員による教育現場でのボランティアへの取り組みなどが評価されています。

100 Best Companies to Work For -2012-

Fortune誌のマテル紹介ページ