バービーロールモデルインタビューサイト

04 学者

自分で「何かになれる」と
深く思い定めて
頑張ることに価値がある

三浦 瑠麗 Lully Miura
  • 大人になっても抱いていた
    本を書くという夢

    子どもの頃の夢は、小説家です。小学五年生のときの文集に小説家になりたいと書きました。でも、どうやったら小説家になれるかはわからない。本を読むのが好きだけれど、それでは仕事にならないから小説家になろうというくらいで、一直線に思い詰めたという感じではありませんでした。
    ジャンルは全然違うけれど、あらためて本を書こうと思ったのは、大人になってから。スタートしたのが遅いので、子どもを生み育てながらのチャレンジでしたが、子育てのために自分のやりたいことや関心があることを捨てようとは考えませんでした。

  • 自分でしっかり転機を作り
    きちんとスタートを切る

    本を書くという夢を叶えようと、東大のある仕事を辞め、自分のために書ける環境を作りました。自分のやりたいことがあり、子どもがいて、仕事があるという状況の中で、自分が心地よくいるために、その時やっていた仕事を見直そうと考えたのです。
    待っていても何も始まらないのでブログを始めたところ、半年くらいで読者が雪だるま式に増えました。ブログを始めなかったら、今のようにはならなかったかもしれません。そういう意味で、なにかにチャレンジするときは、自分でしっかり転機を作り、きちんとスタートを切るということが大事だと思います。また、私の転機に対する判断を、「いいんじゃない」と支持し、後押ししてくれた夫の存在も大きかったですね。

  • 世の中の変化にあわせた
    様々なバービーが選択肢を広げる

    私の最初のバービーは、親戚からのプレゼントです。その後、祖父母からもクリスマスに買ってもらったり。娘にも、五歳の誕生日にバービーとクローゼットを贈りました。
    私もそうだったのですが、娘もバービーで遊んでる時はすごく静か。その様子を見ていると、バービーは子ども自身を投影した存在なのではないかと思います。
    その意味で、バービー自身が世の中の変化を吸収し、ブロンドでスキニーな過去のスタイルにとらわれず、様々な体型、人種、職業を理想形として体現してきたのはよいことだと思います。
    子どもが初めて触れる人形がバービーだったりするわけです。そこに、いろいろな種類のバービーが存在し選択肢が広がるということは大切です。

  • 目指す方向が変わっても
    頑張った過程が今につながる

    バービーのメッセージである“You Can Be Anything”について言うなら、やはり子どもには、「あなたは何にでもなれる」と伝えてあげたい。でも、「何にでもなれる」というのは、言葉通り「何でもなれる」ということではなく、何かを深く思い定めた時、自分で「それになれる」と信じて頑張ることに、とても価値があると伝えているんだと思います。
    私は小説家にはなれなかったけれど、その過程で身につけたものが今生きています。同じように、仮に子どもたちが自分が願う何かになれなかったとしても、それまでに頑張った過程が生きるはずです。

  • 自分の持っている夢を
    しっかり言葉で表現する

    夢を叶えるうえで大事なのは、「チャレンジ」と「自分を持つこと」、そして「表現すること」だと思います。子どもが自分を好きになり、自分の可能性について想像力を高め、思いを巡らすことは、とても大切です。その上で、子どもが自分をしっかり表現して、他者との関わりを持っていくことも同じくらい重要だと思います。子どもが自分の夢をしっかり言葉で表現することが、誰かが自身を認めてくれたり、助けてくれたりすることにつながるんです。
    一方、私たち母親も、「どう思われているのか」とか「なにを期待されているのか」と、人の目を気にしながら妥協と我慢を重ねて生きるのではなく、あらためて「自分らしくある」ということを自分で再定義した方がいいですね。子どもにとって、自分の目の前にいる大人はロールモデルです。母親が自分らしさを表現し、人生に満足していると子どもに伝えることが大事。子どもと母親がお互い自分をしっかり表現し認め合うことが、子どもの将来につながるのだと思います。

PROFILE

  1. 学者 三浦 瑠麗
  2. 1980年10月神奈川県茅ケ崎市生まれ。 国際政治学者、シンクタンク山猫総合研究所代表。内政が外交に及ぼす影響の研究など、国際政治理論と比較政治が専門。東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程修了、博士(法学)。東京大学政策ビジョン研究センター講師などを経て2019年より現職。青山学院大学では国際関係概論を教えている。

    2014年よりブログ「山猫日記」を主宰する。公式メールマガジン三浦瑠麗の「自分で考えるための政治の話」を配信中。新聞雑誌などの寄稿、著作多数。テレビ朝日系「朝まで生テレビ!」フジテレビ系「とくダネ!」「ワイドナショー  」「日曜報道The PRIME」などテレビ出演を通じて発信している。

SHARE